宝塚「鳳凰伝」

22日、初の宝塚を体験しました。

昨日、UPする予定が雷で慌ててPCを閉じたので、
一日遅れとなりました^^;
もう初雪が降ったし、今の時期、雷は当たり前なんだけど、
寒さが増していくので、来ないでほしいですわ。

もとい、22日に話を戻して。
同行したのは、元職場の先輩で、今はヒロミGOのコンサート友であるSさん。
その日は曇り、晴れ。
本当は晴天がよかったけど、雨が降らないだけでもよしです、

今回観た演目は、宝塚月組公演「鳳凰伝」新潟公演。
第一幕の「鳳凰伝」は、オペラでお馴染みの「トゥーランドット」をベースにした作品です。
20171123_195748_HDR.jpg
↑購入したパンフレット「鳳凰伝、クリスタルタカラヅカ」

トゥーランドットとは
中国の姫トゥーランドットに惹かれたカラフ王子は、3つの謎解きに挑戦をし、
氷のような姫の心を解かし、二人は結ばれるという物語


一見ラブストーリーなんだけど、残酷で正直好きではなく、
この二人が結ばれるまで何人犠牲?
トゥーランドットより、犠牲になった娘リユー(劇中ではタマル)の方が、
カラフにふさわしのでは?とつっこみたくなる話ですが、
劇で見るとはまってしまうから不思議。

女性の世界でしょうか、美しさと繊細さがある舞台は、
まるで夢の世界のようにまぎれこんだかのよう。
男役のタカラジャンヌがより男らしく、
男性より美しく凛々しい姿に目が奪われてしまいました。

第二部は歌とダンスのファンタジーショー「クリスタルタカラヅカ」
ダンスとショーをなくして宝塚は語れません。
エネルギッシュで、夢のようなひと時の世界に引き込ませる、
スピード感あふれるダンスに歌、
次から次へと早変わりする豪華な衣装、
素晴らしい!ため息が出ました。

おっ、名物のラインダンス。
最後は出演者勢揃い。
夢のひと時をありがとう、宝塚。
また観に行けたらといいな^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
プロフィール

 LUM

Author: LUM
女性、既婚
9月23日、A型

(趣味)
カメラ、旅行、映画、読書

ラムの本館リニューアルオープン↓
http://homepage3.nifty.com/pageone/(休業中)

映画&本のBlog「ラムの映画&本ライフ」↓
http://lumcinema.blog.fc2.com/?page=0

BBS(お立ち寄りくださいね)↓
http://www1.rocketbbs.com/412/neko1308.html


(マイカメラ)
CANON EOS 60D
OLYMPUS PEN E-PL6

HOLGA 120
BONZART
デジタルハリネズミ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4869位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる