Life

ラムの日記&趣味のカメラ、旅行の部屋です。

「オペラの怪人」の感動、再び! 

 

昨日、劇団四季の「オペラ座の怪人」を観ました。
op1.jpg
    ↑チケットと、パンフレットと、マスカレードのストラップ。

前回の感動を再び!
ファントム、会いにきたわ!
おーーと、シャンデリア。
シャンデリアを近くで見たくて、前回よりグレードアップの席を確保しました。

冒頭のオークションから、パイプオルガンによる
おなじみのテーマ曲「オーヴァチェア」が流れると、
シャンデリアが復活し、19世紀のオペラ座が再現されるシーン。
これ、これを見たかった。
一気に私も夢の世界に迷い込まれたかのようでした。


前回とは違う配役で、同じ役でも役者が違えば、また違う感動もある。
同じ作品でも毎回違う発見ができるし、別な感度も生まれる。
好きなればこそでしょうか^^


今まではファントムの孤独、嫉妬を感じてましたが、
今回は、ファントムの無償の愛を感じずにいられなかったのです。

惜しみなくヒロイン・クリスティーヌは愛を注ぐファントム。
でも、彼女はラウルに恋をしている。
嫉妬に駆られるファントム、さあ、どうする!?
一瞬たりとも見逃せないクライマックス。
ファントムから目が離せなくなり、彼に心奪われてしまうシーンであります。


これで、わかった!なんで私がファントムに惹かれたかを(涙~)

幕が下りると、一気に夢から覚め、あーー、ファントム~と余韻だけが残り..
そしてカーテンコールでは鳴り止まない拍手。観客総立ち、感動の渦でした。

また秋に行こうかなと計画立ててます。


今回も夫は付き添いでしたが、夫は近くのWingsへ。
前回、寝ていたヤツにチケットはもったいない。
彼は彼なりに楽しんだようです。

さてさて、今回、楽しいと思われるTokyo旅行ですが、お江戸(いつの時代やねん)入りした日、
韓流のメッカ、新大久保の韓流料理店で、ランチした際、注文したジュースを飲んだら、
あらら、何かヘンと気づいたら、サワーだったです。
「おいしい」と飲む私も私ですが。(だって、喉乾いて、おいしかったんだもん)
ホテルに着いた夕方、アルコールのせいか、元々風邪気味だったのか、疲れが出たのか、部屋に着くとダウン。
当の昔にアルコールは抜けているはずなのに、今頃になって、なんなのよ~!!みたいな。

ディナーは夫ひとりで楽しんでもらい、私は軽食。
部屋からTokyoの夜景を眺め、く~、せっかくのTokyoの夜が~!!!
と、雄叫び状態でした。

寝て起きれば、上に書いたように、元気復活!
夕べも分まで~!!と、朝食を食べつくし、公演前はショッピングも楽しみました。

ん?江戸前寿司食べてなかった~!!!
公演終わってから、ランチと夕食を兼ねて食べようとしたのが間違えで、公演会場のカレッタのお寿司店は、夕方にならないと開店しないため、夫が好きな中華にしました。
中華も惜しかったです。^^


というわけで、リベンジも果たしに行かねばと、
フツフツと次へのお江戸入りの野望が芽生えております。

スポンサーサイト

category: 舞台

tb: 0   cm: 2

△top