Life

ラムの日記&趣味のカメラ、旅行の部屋です。

熱中時代 Part6 

 

さっきまで観ていた熱中時代のれびゅ~

第21話
北野先生がタコヤキ屋のバイト?妹、青空の劇団入学金を稼ぐため?
そうではなくて、怪我をした生徒の親の代わりに、屋台のタコヤキ屋をする北野先生。
でも、これが問題になったかと思ったら、PTAのお父様たちが手伝いに来て一件落着。
困った時はお互いさま、助け合おうとする精神を身をもって教えてもらいました。

第22話
宇宙人を見た、ボクはみなしごだという生徒。
実は本当に宇宙人を見たのであって、その宇宙人役を演じているのが伊東四朗。
生徒が信じているのであって、本当に宇宙人ではありません。
見事なる怪演だったし、泣きながら「みなしごは俺ひとりでいい」という言葉に悲哀感がありました。

第23話
心を閉ざした少女の話。
家庭の事情を知って、欲しいものをねだることなく、物を大切にする子なんだけど、
でも、買ってもらう子たちが羨ましい。だから、つい攻撃したくなるんだよね。
そのことを気づき、帽子を買ってあげて、また親に忠告する北野先生。
本当にいい先生だ。

第24話
北野先生のクラスがソフトボール大会で2連敗!?
負けの原因は、上手下手関係なくクラス全員参加させているから。
みんなを平等に扱う北野先生、優しいな~。
ボールを持ったこともない生徒に手取り足取り教えてくれる。
小嶋田先生も言っていたけど、これが教育なんだよね。
スポンサーサイト

category: ドラマ

tb: 0   cm: 0

△top