Life

ラムの日記&趣味のカメラ、旅行の部屋です。

東北紀行2015 エピローグ 

 

東北旅行の最終日。
宿泊先の矢びつ温泉↓で温泉、美味しい朝食を堪能っした後は東北屈指の渓谷へ。
http://www.zuisenkaku.com/
世界遺産「平泉」の奥座敷、矢びつ温泉・瑞泉閣は、
渓谷美が見渡せる部屋、温泉良し、料理良し^^
気持ちいい旅のひと時を過ごしました^^v


車で10分、厳美渓(げんびけい)に到着。
磐井川の流れにより、岩肌が削られ、造られた奇岩が連なってます。
keibi5_20150826105702e41.jpg

keibi6.jpg



keibi4.jpg


大小様々の滝、気岩は自然が作った芸術。
東北の「グランドキャニオン」と呼ばれているだけのことはあります。

keibi1_20150826105006373.jpg

渓谷沿いを歩きながら、撮影しているけど・・
あっつーーい!!!

散策し終わった時は汗がダラダラ~
渓谷だから、涼しいだろうと思った私が甘かった><

渓美渓には、名物の「空飛ぶだんご」があります。
朝食の食べ過ぎ(だって美味しかっただもん)で、味わうことできませんでしたが、
美味しいとの評判です。

一関にはもうひとつの渓谷「猊鼻渓(げいびけい)」があります。
猊鼻渓は時間がなくて行けませんでしたが、これは次の東北旅行の楽しみにとっておいて(いつになるんだ?)
げんびけい」と「げいびけい
ひらがなで一字違い。
「さっき行ったところがげいびけいで・・あれ、げんびけいだったけ?」
と間違いましたわ。漢字で読めばわかるですけどね^^;

名残惜しや、北東北。
東北自動車道を走らせ、蔵王からは山形入りし、
山形から新潟へと、往路とは違うルートで帰りました。
ちなみに距離は短いですが、時間がかかった^^;
高速はありがたいのう。

これで、東北の旅は終わります。
長い間、お付き合いいだたいてありがとうございました。

では、また次の旅行記をお会いしましょう^^)/~~
おっと違った(爆~)
日記は続きますよ。これからもよろしくです^^

スポンサーサイト

category: 青森・岩手の旅

tb: 0   cm: 4

△top

東北紀行2015 パワースポットを求めて④ 

 

遅くなりました、旅行記の続きです。

八甲田山から車で30分、奥入瀬へ。
oirase1.jpg

6、7年くらい前に訪れた時は、雨が降っていたっけ。
今回は嬉しいことに晴れ^^v

oirase2.jpg
渓流沿いは涼しく、別世界。
さすが夏でも清涼感があふれています。

oirase4.jpg
阿修羅の流れ↑荒々しい激しい流れが魅力。

oirase5.jpg
調子の滝
水量がすごい。マイナスイオンをたっぷりと浴びました^^

towa-y.jpg
奥入瀬渓流沿いの源、十和田湖

towa-z.jpg
十和田湖のシンボル乙女の像

十和田湖を後にすると、高速を走り、岩手へ。
さらば青森、名残惜しや-~)ノ~~
ひたすら南下し、一関へ。
一関の宿に泊まりました。


あと一回あります。どうかおつきあいくださいね^^






category: 青森・岩手の旅

tb: 0   cm: 2

△top

東北紀行2015 パワースポットを求めて編③ 

 

東北旅行記の続きです。

恐山から、その日の宿泊地、酸ヶ湯温泉へ。
suga.jpg
酸ヶ湯温泉で有名なのは「千人風呂
総ヒバ造りで、名前の通り広く、肌に優しいミルク色のお湯です。
ヒバと、ミルク色のお湯は疲れを癒さしてくれます。
男女混浴ですが、女性専用時間があり、この他にも男女別の風呂もあります。

次の日、酸ヶ湯温泉を後にすると、八甲田山へ。
山頂まではロープウェーで行き、
到着すると、雄大な景色が広がっていました。
hachi1.jpg
八甲田山の絶景が楽しめるトレッキングコース、ゴールデンラインへ出発^^
山頂だし、くもり空だから過ごしやすいと思ったら、歩き出すと蒸し暑かったです~^^;

遊歩道はグルリと回ってこれる「ひょうたん型コース」で、
30分コースと一時間コースがあります。
うちらはせっかく来たのだから、1時間コースで^^

hachi2.jpg
田茂苞湿原。展望台から素晴らし景色が一望できました^^

hachi4.jpg

hachi5.jpg
高山植物も楽しめます。

遊歩道は設備されており、初心者向きですが、途中で滑りやすい箇所も。
団体客のガイドさんが手を差しのべてくれて、
ツアー客に紛れ込んだ私もつい手をとらせてもらい助かりました。

さて夫はというと、カメラ撮影している私をほっといて
さっさ先に歩いていきましたわーー;

歩き終わると別なボランティアのガイドさんがいろいろと説明して頂きました。
とても気さくな人で、記念の写真も撮っていだだき、
親切な応対は、また来たくなる。
楽しい時間をありがとうございました^^

category: 青森・岩手の旅

tb: 0   cm: 0

△top

東北紀行2015 パワースポットを求めて編② 

 

青森編2日目。

海の幸、温泉を堪能した下風呂温泉から30分、車を走らせると
目的地薬研渓流に到着^^

yaku1.jpg
奥入瀬に負けないくらいの景観。

yaku2.jpg
ブナやヒバの原森林、水流でマイナスイオンをたっぷりと浴びました。

渓流沿いは涼しいけど、一歩外に出ると暑~><
日帰り温泉「カッパの湯」でウォーキングの疲れを癒しました。
温泉から眺める景観も絶景です。
店員さん曰く「紅葉の時期が見所」だとか。
新潟からでは遠いけど、一度は紅葉の時期に訪れてみたいです。

次は恐山へ。
浅見光彦さんシリーズ「恐山殺人事件」を見た時から、
一度は訪れてみたかった恐山。
高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊山のひとつです。

oso1.jpg
恐山に入ると、赤い太鼓橋がお出迎え。
そう、これが三途の川。ここを渡ると霊道が待っているのです。
この太鼓橋ですが、けっこう急なんですよ。
昇るのもひと苦労^^ 地獄の道は険しいということか(笑)

三途の川から7分歩くと、入山受付がある総門ですが、
うちらは車で行きました。

入山受付をすませると、いよいよ境内へ。
石畳を歩いていくと、左右仁王像が立つ山門↓に辿りつきました。
oso2.jpg

恐山の中心をなす本尊安置地藏殿でお参りをすませたら、いよいよ地獄へ。
oso3.jpg
無間地獄血の地獄などいくつもの地獄には、観音様やお地蔵さまが建っておりました。

さて、地獄巡りをした後は、極楽へ。
oso4.jpg

なんて綺麗な湖。
oso5.jpg
こちらの湖は宇曽利山湖をいい、静寂と神秘に包まれていました。
綺麗な景観を写真に収めたいと近づこうをすると、熱気と虫が~!!!
私は極楽に行くなってこと?
再び地獄に戻ると、涼しい風が心地よい。
ということは、逆ではないのよ><

きっと寒い時期だったら、極楽は本当の極楽なんだろうな(苦笑)
ちなみに恐山は5~10月まで、冬の時期は閉山してます。


パワースポットを求めて編③に続きます。

category: 青森・岩手の旅

tb: 0   cm: 0

△top

東北紀行2015 パワースポットを求めて編① 

 

前回の東北旅行の続きです。

前日、青森入りをし、三沢で宿泊した私たち夫婦は、
下北を目指して、北へと車が走りました。

その日の天候は、強い日差しの前日と打って変わって雨。
雨は残念だけど、おかげで涼しくて過ごしやすいかったです。

さて、スイスイと車を走らせ、初の下北入り。
天候が悪いため、予定の恐山から大間に変更。

大間といえば、マグロ
マグロを食べつくすぞ^^/

お昼過ぎ、大間着。
やってきました。本島の最北端の地へ。
oma2.jpg

大間といえば、昔、NHK朝ドラ「私の太陽」の舞台。
前日の「あまちゃん」といい、朝ドラ巡りデス^^

oma1_20150811062404ced.jpg
マグロがお出迎え^^

oma3.jpg
晴天だと、北海道が見えるらしいけど、
天候が悪くて残念。

oma4.jpg
ランチのマグロ丼
美味しかった!!!^^

大間を後にし、次なるは早めだけど本日の宿へ。
下風呂温泉で泊まりました。

下風呂温泉では湯めぐりを体験し、またも美味しい海の幸を舌鼓。
またもウニをたっぷり食べれたし、ああ、しあわせ~^^;

次はパワースポットを求めて編②に続く。





category: 青森・岩手の旅

tb: 0   cm: 0

△top