Life

ラムの日記&趣味のカメラ、旅行の部屋です。

真田丸紀行 上州編 

 

わが地域が初雪が降る先週の週末、
お隣の上州(群馬)に行ってきました。

R17を南下し、みなまみ町にある
真田家とゆかりが深い「名胡桃城址」にとうちゃんこ^^
nagurumi1.jpg
120年も及ぶ戦国時代を終わらせたきっかけを作ったと言われる名胡桃城。

nagurumi2.jpg
案内所が整備されているので、そこでわかりやすい説明を聞くこともできます。

戦国時代末期、利根・沼田地域は北条氏と真田氏の争いが絶えませんでした
秀吉は東側を北条氏、西側を真田氏と裁定しましたが、
北条氏が真田氏の名胡桃城を攻略したのです(名胡桃城事件)
それに激怒した秀吉は、大軍を率いて、小田原攻めを行い、北条氏は滅亡。
秀吉は天下統一をし、役割を終えた名胡桃城は廃城となりました。


今は、綺麗に整備されており、城の跡から町を一望できます。
nagurumi3.jpg
小さな城の跡から、歴史のロマンを感じましたわ。
歴史好きな人にオススメのスポットです。

案内所の人から名物のリンゴを頂きました。
上州を旅して思うのは、上州の人は親切で愛想がいい。
次は岩櫃城、沼田城を制覇します^^

上州といえば、温泉。
晴天であっても、外は寒いから体を温めたくなります^^
謙信公ゆかりの猿ヶ京温泉で、今までの疲れを癒し、
美味しい豆腐料理に舌鼓しました。
ご馳走様でした。

真田丸」も残すところ、あと一話。
大阪の合戦に入ってから、それまでのファミリードラマとは違い、
歴史ドラマとして見応えがあります。
特に今週の49話は、5人衆の武将たちが次々と命を落として、
悲哀感があります。

結果は豊臣家の滅亡、悲惨な最期を遂げるのはわかっている。
最後の合戦をどう描くか?
幸村の最期はいかに?
またも三谷マジックが隠されているか?
来週の最終回が楽しみです。

スポンサーサイト

category: 群馬・長野の旅

tb: 0   cm: 0

△top

真田丸紀行 後編 

 

前編からの続き、後編へ。

宿泊は別所温泉
信州最古の温泉であり、日本武尊が発見された名湯です。
宿泊した旅館から温泉街が一望出来、
展望台浴場は上田市まで見ることができる。
源泉かけ流しの温泉は肌に優しく、料理も美味しい^^
特に朝鮮人参の天ぷらは美味でした^^

別所温泉は「信州の鎌倉」とも言われ、善光寺とゆかりのある北向観音堂、
国宝八角三重塔が立つ安楽寺など文化財があります。

bessyo5.jpg
北向観音堂

bessyo3.jpg
八角三重塔

bessyo4.jpg
石造多宝塔

今回のカメラは(オリンパス)ペンくん。
さあ、撮りまくるわよ!と思ったら、あらら、電池の残量が残りわずか!!!
天候が期待できないから、そんなに撮ることもないだろうと、充電していかなかったけ。
でも、その時になって晴れるとは!!
天気は本当に気まぐれ。
出かける前は、充電することを身に染みましたわ。

次なるは上田市、真田の郷へ。
まっててね、昌幸さま^^

大河効果のせいか(私もそうだけど)、やはり混んでいて、車を駐車するまでが大変でした^^;
なんとか留めることができて、いよいよ上田城跡↓へ。
ueda2.jpg

「真田丸」ドラマ館」で、「真田丸」の世界を体験してきました。

戦国武将として名高い「真田幸村(信繁)の生涯と家族を描いた本年の大河ドラマ。
ドラマで使用されている衣装、小道具、台本、キャストの紹介、
ドラマの解説、裏側などが展示されていました。

メインスポットは信繁(幸村)の赤い甲冑。
ueda1.jpg
館内は撮影NGですが、赤い甲冑と真田丸のセット↓のもOK!
ueda4.jpg

前にも書きましたが、ここ数年大河から離れていたけど、
「真田丸」は面白い。
これからの上田の2度にわたる合戦、大阪の陣をどう描かれるか楽しみです。

ドラマ館を後にし、真田神社へ↓
ueda3.jpg
真田昌幸と幸村の父子を主神に、代々の真田家が祀られている神社です。
生き残るために知恵を絞り、少数の軍勢で大軍を討ち果たした真田軍。
お参りすると真田家の知恵が授かるとか・・授かったかしら^^:

ここで、ペンくんの電池切れーー;
よくがんばってくれた、家に帰ったら充電するからね。

次は上田城櫓へ。
現在、上田城には南櫓、北櫓、西櫓があります。
櫓から観る景観が素晴らしい。
内部には真田家のゆかりの品々、上田城のジオラマが展示されています。
中でも面白かったのは、第一次、二次上田合戦のシュミレーション動画。
2度にわたり、徳川勢を2度退けた難航不落の城、上田城。
その合戦の模様をわかりやすく説明されていました。

動くものは面白いな^^


博物館、物産展を回った後は、遅めのランチ。
名物の真田三代そばで舌鼓。
美味しかった^^

もっとゆっくりと散策したかったですが、上田市よ、さらば。
上田、菅平ICから高速に入り、群馬県へ。
前橋で降り、コストコで買い物。
これもうちらの目的のひとつだったですよ。
コーヒー、ティラミス、チーズケーキ、チーズなど食材や、洗剤などをゲット。
洗剤やスィーツなどは当分大丈夫そうです、
そのまま高速に入り、一路新潟へ。

旅の時間がすぎるのはあっという間です。
だから、楽しい。
また次なる体験をしたいです。


読んでくださってありがとうございました。

訂正)上田城→上田城跡
    真田城櫓→上田城櫓

失礼しました^^;




category: 群馬・長野の旅

tb: 0   cm: 2

△top

真田丸紀行 前編 

 

11日と12日と、長野県松代、上田市に行ってきました。
今回の目的は真田家の史跡巡り

お隣の県といっても、まだ松代や上田はまだ訪れたことないですよ。
我ながら、昌幸@草刈さまの影響の影響はすごい^^;
自然とゆかりの郷へ足を向けさせるだからね^^

さて、11日は夫に有給をとってもらい(夫よ、感謝)
朝はよから、出発!
心配していた天気は大したことなく、曇り、晴れ。肌寒いけど^^;
ドライブには快適、国道117号から長野入り。
栗の名産地で有名な小布施でランチタイム。
肌寒くても、春の訪れが↓
obuse.jpg

ランチは名物「栗ご飯定食」
美味しかった(●^ー^●)
ランチの後はしばし散策。
obuse2.jpg

葛飾北斎のゆかりの地としてアートスポットが点在していました。
レトロ&アート&スィーツの街、小布施。癒される町です。

次なる目的は松代へ。
松代は真田氏10万石の城下町。
真田家の家紋「六銭紋」があっちこっちで見かけます。

↓は「松代城跡
matudai2_20160313095540e35.jpg

初代藩主は大河「真田丸」の主役の真田信繁(幸村)の兄、信之(信幸)です。

matudai1_20160313095531205.jpg


関ヶ原の戦い(1600年)の際、父、昌幸と弟、信繁が石田光成らの軍に付くのに対し、
家康の養女を妻とする信幸は家康軍へ、。
家康軍の勝利となり、上田城主後、松代藩に加増移付されました。

matudai3_2016031309555019b.jpg

次なるは、3つの館へGO!
まずは「真田邸」へ。
matudai5.jpg

真田一族が暮らした武家屋敷で、庭園も素晴らしい。
屋敷内には、ドラマの衣装、道具などが展示され、
当時の人たちの生活ぶりを観ることができました。

真田宝物館」では、真田家の武具、調度品、手紙などが展示され、
真田家の実像を体験できます。
matudai4.jpg



文武学校」は、松代藩士の教育の場。
matudai6.jpg

文学、剣術所、弓道所など当時そのまま残っていました。


松代、真田家を体験した後は、本日宿泊先の別所温泉へ。
ここで余談ですが、松代藩は幕末に活躍した佐久間象山の出身地としても有名。
以前、夫は職場旅行で訪れた際、象山の遺跡を巡りをしたと懐かしんでいましたが、
時間がないため、また次の機会に訪れたと思います。

後編に続く。

category: 群馬・長野の旅

tb: 0   cm: 2

△top

四万温泉紀行ー2- 

 

Part2は四万温泉街の散策

四万温泉は前の記事で書きましたが、
懐かしい建物が建ち並び↓
siman9.jpg


懐かしい昭和の時代にタイムスリップするかのような気分にさせてくれます。

また自然も素晴らしいです。
shiman8.jpg


shiman4.jpg

四万川の透き通った水の色は綺麗。

特に甌穴(おうけつ)↓はビューティフル!
shiman7.jpg
建の天然記念物の甌穴は、自然の芸術作品です。
流されなかった川底の石の摩擦によりくりぬかれた穴は、大小8つあります。
まだ冬季なので下に降りて、近くまで観に行くことができませんでしたが、
次回、時間がなくて観に行けなかった四万湖とともにカメラに収めたいです。

category: 群馬・長野の旅

tb: 0   cm: 3

△top

四万温泉紀行 -1- 

 

15、16日と上州(群馬)に行ってきました。

15日、関越道で前橋で降りて、
ランチは名物、ソースとんかつ丼。
ふっくらと揚げた上州豚にタレを絡めがソースとんかつは、ご飯によく合う。
ご馳走様でした^^

次は目的のコストコへ。
コーヒー豆、キッチンペーパー、テッシュペーパー、パン、バスソルトなど、
当分購入することないくらいゲット!
コストコ大好き^^ 是非、わが県にもオープンしてくださいませ。

それから、本日の宿泊、四万温泉へ。
前に訪れたのは4年前。
草津温泉の帰りに日帰り温泉に入ったけ・・
タイムスリップしたようなレトロな温泉町、四万温泉。
宿泊の宿↓は、老舗のお宿で昭和のようなモダンな建物です。
http://yamaguchikan.co.jp/
一階、二階・・ではなく、一丁目、二丁目と名付けているのは、建物そのものがも町って感じがしました。
shiman5.jpg
↑宿泊したお宿にて

客室からの臨む四万川の景観、温泉よし、料理よし、スタッフのもてなし最高。
特におかみどスタッフによる手作り舞台では、楽しいひと時をすごしました。

四万温泉のレトロな面影を残る建物といえば↓
shiman1.jpg

shiman2_2015031817093712a.jpg
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルの「積善館」
元禄時代から続く老舗旅館で、名物は大正ロマネスクの大浴場。
日帰り温泉とでもと思いましたが、工事のため、午後からの営業ということで、
時間がないため、入ることが出来ず。
また今度かな^^


PART 2に続きます。


category: 群馬・長野の旅

tb: 0   cm: 2

△top