Life

ラムの日記&趣味のカメラ、旅行の部屋です。

美女と野獣 

 

1日は映画サービスデー。
姪っ子と「美女と野獣」を観ました。
sakura17-2.jpg
↑本日の一枚。今年撮影した八重桜です。今、咲き誇ってます。


20年以上前、アニメ版「美女と野獣」を観て感動した私は、
結婚式の音楽に使用しました。
それだけ思い入れのある作品なので、実写版も気になっていました。

アニメから実写となるとハードルが高くなりがちですが、
「美女と野獣」は逆。
アニメ以上の出来で、今も余韻が残ってます。


これ以上語ると、レビューが書けなくなるので^^;
只今、レビュー作成中です。

さて、この感動、どう伝えようか・・・
文才があればのう(涙~)
スポンサーサイト

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

今年最初の映画は? 

 

今日は雪の予報ですが、晴れ間が見られ、
日差しが温かく感じられます。
SUNP0021.jpg
↑本日の一枚、去年1月の井の頭公園での写真。春のように暖かくて気持ちよかったあ^^

今年最初の映画はホームシネマで始まりました。
香港映画「香港、華麗なるオフィスライフ」を鑑賞。
オフィスを舞台にミュージカルと繰り広げるというエンターテイメント性のある作品で、
見応えがありました。

今年最初の映画館での鑑賞作品は「本能寺ホテル」の予定でしたが、
一緒に行くダーが都合がつかず、来週以降持ち越しに。
昨日、姪っ子のお付き合いで大ヒット映画「君の名は。」を観てきました。

昭和の「君の名は」+「同級生」の現代の「君の名は」は、映像がとても綺麗。
「この世界の片隅に」がリアル、メッセージ性がある大人の作品に対し、
「君の名は。」はファンタジー、大衆向けと、それぞれのよさがありました。

詳しくは映画&本のBlogにレビューにて。
只今、作成中です。

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top

映画の秋、ドラマの秋 

 

仮装パレードで盛り上がったハローウィンから
街は今日からクリスマスモード。
もうすぐ冬なんですね^^

今日は月初めのファーストデー。
映画代がお得の今日、
ハドソン川の奇跡」を観に行きました。


映画館で鑑賞するのは久しぶり。
今日観た「ハドソン川の奇跡」は
一言で言えば、「プロフェッショナル」な映画。
まだ記録に新しい、トラブルに見舞われた飛行機が
ハドソン川に着水し、乗客乗員全員助かった実話を基にした話も
イーストウッドらしい派手な演出はない映画の作りも
まさにプロフェッショナル^^
詳しいことはレビューに書きます。

最近見ているドラマは、
真田丸」はもちろん、
秋からの新番組は「ドクターx」「家政夫ミタゾノ
「真田丸」は大阪の陣が楽しみ。
今までは戦国時代のホームドラマから一転、
大阪の陣からはスペクタクルな時代絵巻が期待が出来そう。
「ドクターX」はドラマも面白いし、
「いたしません」「失敗しないので」決め台詞は相変わらずかっこいい^^
「ミタゾノ」は女装の家政夫の設定も話のテンポもいいし、
家事の知恵が一番面白いです。

朝ドラの「べっぴんさん」は2週目で挫折。
「相棒」は前のように真剣になれず、
「スニッファー嗅覚捜査官」は初回で挫折。
「IQ246」は初回冒頭だけでチャンネルを替えました。
「246」を毎週観ている友人曰く、「ディーンさま、素敵」
ディーン様といえば、「あさが来た」の五代様。
セクシーでしたね。今や人気うなぎ上りですね^^
「恋のダンス」で話題の「逃げるは恥だか役にたつ」は初回見逃したので、
レンタル待ちになりそう。

韓流ドラマは「2度目の二十歳」(DVD)観てます。

「冬のソナタ」「天国の階段」のヒロインで御なじみのチェ・ジウがコメディに挑戦。
出来婚で高校を中退した38歳の専業主婦ノラ(チェ・ジウ)。
夫から離婚を突きつけられ、息子とはうまくいかず、
おまけに余命5カ月と診断され(医者の誤診です、笑)
ああ、人生崖っぷち。
教養がないとなじる夫に合わせようと、ノラは大学を受験。
見事合格した大学は、そこには入学した息子も大学教授の夫もいて、
同級生のヒョンソクまでもいた・・という話は、
人生崖っぷちに立たされた女性が大学生として前向きに頑張っていく姿が描かれています。
同じ女性として、主婦として共感したくなる、応援したくなります。
また、20歳の現役大学生とは変わらぬチェジウの若々しい美貌にも注目です。
希望を見出さないと悩む方、是非ご覧あれ^^




category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

64ーロクヨンー 

 

今日、映画「64」を見てきました。
f16-c.jpg
先日のイングリッシュガーデンの一枚^^
なんか最近、花の撮影ばっかりのような。

それはさておき、映画の話。

「64」は前編と後編と分かれているので、
後編の公開を待っての、2本両方鑑賞しました^^
久々の映画はしごです。

<わずか7日間の昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件「ロクヨン」
その事件は未解決のまま14年の時が流れたある日、
「ロクヨン」を模倣した事件が発生する


詳しいことは映画レビューに書きますが、

内部の抗争、県警上部と記者クラブで板挟みになる広報部と、
男臭さと骨太さと感じさせ、演技派の俳優たちが熱い!熱すぎる!


久々に熱い映画を観させてもらいました*^^*


もうひとつの楽しみは、映画の舞台である県警内部は、わが市の旧市庁舎↓で行われたこと。
http://locanavi.jp/osusume/64loca/
昔、講習会などで利用したことがあるので、思いが深い。
最近はご無沙汰していたけど、今は閉鎖、取り壊しされるとか。
閉鎖中を最大に生かした行われたロケ。
ビフォー・アフターの記事もなかなか面白いです。

category: 映画

tb: 0   cm: 0

△top

レヴェナント 蘇えりし者 

 

久々に映画館に足を運びました。

本日の一枚↓
f1.jpg
先週、県内の植物園で撮影しました。
小さくてバラのような花です。ご存じの方いますか?


観た映画は「レヴェント 蘇えりし者」
映画 レヴェナント:蘇えりし者 ポスター 42x30cm The Revenant 2015 レオナルド ディカプリオ トム ハーディ レベナント [並行輸入品]
映画 レヴェナント:蘇えりし者 ポスター 42x30cm The Revenant 2015 レオナルド ディカプリオ トム ハーディ レベナント [並行輸入品]
The Revenant
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


詳しいことはレビューに書きますが(只今、作成中)、
そこまでしなくてはオスカーが取れないのかと思えるくらい、
レオナルド・ディカプリオの演技が凄まじい。
鬼気迫る迫真の演技に目が釘付け@@

前にも書いたけど、「ギルバート・グレイプ」の頃から彼を見続けている私は、
レオくんと呼んでいたけど、もう呼べない。
これからはレオさま^^(そう呼んでいる方も多いよね)
昔のあどけない少年、王子のイメージはなし。
恰幅のいい大人の男に成長して、演技の幅も出てきて、
よくここまで成長してくれた、
私は嬉しい!!!(嬉し泣き)

まだ未見のレオさまファンの方、見るべし。
ただし、先にも書いたけど、昔のようなプリンスはなく、
ワイルドなレオさまですよ^^v

来週は「スキャナー」「64」観る予定です。

category: 映画

tb: 0   cm: 2

△top