2017_03
20
(Mon)16:13

只今、断捨離中

みなさん、3連休をいかがお過ごしでしょうか?
わが地域も、まだ肌寒いものの、
春らしい陽気になってきました。

daihuku.jpg
↑春のなると食べたくなる、イチゴ大福と桜餅^^

遅ればせながら、「お母さん、娘やめていいですか」の最終回観ました。
自我に目覚めた娘が、
母親から離れ、自分自身を取り戻す。
母も娘より、夫と生きることを選んだ。
これが理想でしょうね。
ドラマらしい、綺麗な終わり方だったと思いました。
でも、現実はドラマのようにはいかない。
ドラマのように毒親自身が気づいたなら、
子供を自由にさせてくれたのなら
どれだけいいかわかりません。

母親は自分が作った人形たちも
(可愛いとは思えん、怖いとしか思えなかったけど)
建てたばかりの家も、大事にした娘も手放した。
今までの所有物を手放すこと、
自分のしがらみから解放され、
自分も救われたと思いました。

さて、私も^^
春に向けて、気持ちをリフレッシュしたい、
今度こそシンプルライフを過ごしたと
只今、断捨離中です。

整理整頓すると、出てくるわ、お宝たちが^^;
もう使わなくなったけど、
捨てるにはまだもったいなくて、
奥底に眠らせていたですよ。

捨てるにはもったいない、
捨てるくらいなら、使ってみたい人がいたなら・・・と、
フリマやリサイクルショップに出しました。
特に一時コレクションしたトイカメラ(フィルム)は、
使う機会がなくなったけど、まだまだ使えるし。

使えるものは使ってあげないど可哀そう。
使うもらうことで物たちも喜ぶ^^
新しい主のもとで幸せにね(^∇^)ノ

子供たち(物たちのことです)を旅立たせ、
気持ちがすっきりしました。

スポンサーサイト
2017_03
14
(Tue)19:16

お江戸紀行ー両国編ー

お江戸紀行シリーズラストは両国。

雷門を出て、吾妻橋を渡り、一路両国へと向かいました。

両国は相撲の聖地。まずは両国国技館へ^^
ryo1.jpg
場所中でないし、江戸東京博物館が休館のせいか、閑散していましたが、
外国人を含む、観光客が訪れていました。
皆、国技館の前でパシャ^^

ryo2.jpg
遠藤関とのツーショットも^^
混まなくてよかった。

両国を散策すると、至る所にちゃんこ屋さん、相撲部屋があります。
そして、歴史的舞台でもあります。

ryo3.jpg
赤穂浪士の討ち入りの舞台となった吉良邸跡。

近くには、芥川龍之介の文学碑。
ryo4.jpg

勝海舟の生誕の地でもあります。
ryo5.jpg

昨日と打って変わって、急に寒くなったので、
甘味処でひとやすみ。
お汁粉、美味しかった^^

両国の後は、靖国神社へ。
駅を出ると、雨。
ひゃーー、寒いはずだ。

神社内は広い。
門から神社までも広いけど、資料館内も広すぎて、
あっという間に時間になり、東京駅へ。

新幹線の前に食事したいと思っても、土産を買うのがやっとで・・
思えば、今回の東京は、一度もショッピングもしてなかったし、
ショップ巡りすらしてなかったわ。
女友達と違い、旦那を行くとそうかも^^;

最後まで読んでくれてありがとうございました。
次はどこへ行こうかな^^





2017_03
11
(Sat)20:44

お江戸紀行ー浅草編ー

前回の続き。

柴又から、電車を乗り継ぎ、浅草に到着。
まずは本日宿泊先のホテルにチェックインし、
部屋でひと休みした後、演芸ホールへ。

演芸の前に腹ごしらえで、演芸場近くで夕食タイム。
ランチはお寿司だったので、ディナーはお肉。
牛丼です^^

さあ、いよいよ演芸ホールへ。
asa1_20170311200906357.jpg

夜の部が開始されてから、もう既に一時間以上はたっているから、
いい席は座れないのは覚悟していたけど、1階は満席。
2階で観ました。

TVでお見掛けする林家三平さんや、
林家ぺーさんらの落語や漫談に引き込まれ、
紙切り、曲芸では、拍手が鳴りやまず、
最後の大トリは、さすが^^一番話に引き込まれましたわ。
面白かった^^

その後、またホテルに帰り、都会の夜景を楽しみながら一泊した後は、浅草散策へ。

asa2.jpg

花やしき通りを歩くと、にぎやかな声が。
現在最古のジェットコースターのある「花やしき」
面白そうだなと横目で見ながら、浅草寺へ。
asa3.jpg
数年前、訪れた時と同様、観光名所とあって、すごい人、人。

asa4.jpg
途中で、土産を買ったり、ホテルでたっぷり朝食をとったにもかかわらず、
和菓子をつまんでみたり(別腹)^^

asa5.jpg

雷門と出て、吾妻橋へ。両国へ向かいました。
両国編へ続く。


2017_03
09
(Thu)11:28

お江戸紀行ー柴又編ー

前回の続き。

亀有を後にし、柴又へ。
映画「男はつらいよ」の寅さんの聖地にやってきました^^
shiba1_2017030910562156d.jpg
寅さん(銅像)がお出迎えです。^^

映画の舞台の柴又は、古きよき下町がそのまま残されています。
shiba5_201703091057263aa.jpg
駄菓子屋、和菓子屋、うなぎ屋、蕎麦屋etc・・
昭和の雰囲気がそのままの残す町並みは、
まるで映画のロケのようです。

shiba6.jpg
寅さんのゆかりの「とらや」↑
ふと寅さんが出てきそう^^

帝釈天までの途中、出来立てのどら焼きと、
塩どら焼き、団子を頂きました。
美味しかった^^

柴又帝釈天です。↓
shiba2_20170309110504495.jpg

お参りした後、帝釈堂内の庭園&彫刻を見学しました。
shiba3_201703091109509ff.jpg
↑堂内の庭園「邃渓園」。

shiba4_20170309111457720.jpg
↑堂内の彫刻ギャラリー。
名人たちによる、数多くの木彫刻が施されています。
外壁は法華経説話を選び出して掘られました(チケットにある説明文&HP参照)。

帝釈天を出た後は、また先ほどの下町を散策し、駅に到着。
次なるはメインの浅草へと続きます。





2017_03
08
(Wed)22:35

お江戸紀行ー亀有編ー

昨日から寒戻りで、雪が降りました。
なんで今頃・・といえど、3月だから気温は高く、そんなに積もることもないですが・・
ううっ、東京が懐かしい(/_;)

で、東京ですが、5、6日と上京しました。
目的は、落語。
夫婦共々、「笑点」大好き。
「落語を聞きたいね」と思い立っての上京です^^

5日目の朝、上越新幹線MAXときに乗り、上野に到着。
まず目指すは亀有。

東京の旅というと、Kちゃんと一緒にお洒落な雑貨や、ショップ巡り。
下町に足を運ぶのは初めて。

さて、亀有駅に到着。
亀有は「こち亀(こちら亀有公園前派出所)」の聖地。
駅を出ると、両さんがお出迎えです。
kame4.jpg

亀有には「こち亀」像が15体あり、
マップに沿って、「こち亀」銅像巡りをしました。↓
http://www.j-kochikame.com/special/map/pdf/map_kameari.pdf

まずは北口から、
1台めが先ほどの写真の「両津勘吉」像
すぐ近くにある「薔薇と麗子」像(2台め)
3台めが亀有公園内にある「ダブルピース両さん」像
4台めが同じく公園内にある「ひとやすみ両さん」像↓
kame8.jpg
ダーと両さんとの記念撮影です^^

街には「こち亀」一色↓
kame3.jpg
5台目「敬礼両さん」像を巡って、次は南口へ^^

お祭り両さん」像(6台め)で、南口巡りスタート↓
kame6.jpg

7台め「ようこそ両さん」像で、またも両さんと一緒に記念撮影し、
8台め「サンバ両さん」像を巡り、
9台め「少年両さん」像↓
kame5.jpg

10台めは「本田さん」像
11台めは「ワハハ両さん」像
12台めは「両さんの”少年よ、大志を抱け”」
13台めは「中川さん」像↓
kame7.jpg
イケメン中川さん、スマートですな^^

14台め「麗子像」は亀有センター内にあり、
15台めは両さん、中川さん、麗子さんのカラー像
kame1.jpg
以上、15台巡りました。

途中で、アリオ内にある寿司屋でランチタイムと取りました。
さすが、東京^^江戸前寿司、美味しかった。

次は柴又へと続きます。